■「なぜ、小 住宅・ミニハウスがそんなに良いのか?」                 *

 
1.なんといても、まず価格が安いこと。
  20万円以下でこれが!?という激安価格の物もあります。

   普通に住宅を建てようとすると数十万円〜100万円なんて無理。
   それがミニハウスならじゅうぶん可能なんです。
   しかも色々難しい書類や打ち合わせ、検査などがけっこう面倒くさい。
   今の住まいを鉄筋コンクリートで建てた時は本当にたくさんの書類や、
   設計士さん、業者さん、内装・設備などで悩みました。

 2.申請などの面倒なことが無い、もしくは少ない。

   10u以内なら申請は不要。しかもDIYなど自分で作れば場所も自由。
   10u以上の申請でも手続きはとても簡単。

 3.基礎工事も簡易で工期が短い。

   その気になれば数日で完成。ユニットなら簡易基礎以外は1日で設置可能。
   組み立て易いということは、戻すのも簡単。場所を変えたい時も融通が利きます。

 4.本体価格が安くなれば、内装やアクステリアなどにも予算が。

   せっかくの自由空間なのに、「中は空っぽ」ではもったいないです。
   床やクロスに凝ったり、インテリアやエクステリアには気を使いたいですから。

 ■デザインでいきたいときもある。

 ■自分で組み立てるとき、誰かに頼むときと色々。

 ■とりあえず、どちらでもいいけど注意する点は2点。

  *注意すること。 【 火 と 水 】

 「接合部分・壁や屋根の」や電気工事でむき出しの線のままコンセントが被せてないか?
 「ガスコンロ」がテストしたまま元栓閉め忘れてないか?とか。
  水道(水周り)は・・・・。なるべく少ない方が良いと思います。

  出来れば管だけで引いて、浄水器とか整水器とかを付ける、
  くらいで良いのではないでしょうか。

 ■空間の演出はその人のセンス次第で何にでも変わります。  

  あと、もしもの時に「家の外」だったら・・・、とかも。緊急避難場所??

最近のプレハブ住宅は性能重視

プレハブといっても子供部屋・離れ・書斎等に使いたいなら十分な性能を持ったプレハブが出てきています。
もしもの備えに、も含めて検討する方々が増えてきているようです。





■本格的にミニプレハブ・ユニットハウスを作るなら店舗用に作るなら。

ユニットなら豊富で自由度が高い、配線工事なども考えた作りは便利。
短期使用でなら撤収も早い。レンタル価格で考えるのも経費を安くする良い方法です。





住宅難時代の快適住宅は作れる住宅が

住宅を買ったり売ったりが非常にやり難い時代になってきました。

土地の状況や用地や環境によって作ったり戻したりして家を持ち歩く感覚の生活様式も出てくると考えられます。


最初は余剰地や、遊び・趣味・お試し・実験?の延長でしかなかったプレハブやログハウスを使った生活を日常とする動きは活発化するかもしれません。

キャンピングカーという生活様式がありましたが、どうも土地に付きたい日本人の感覚には合い辛いのか、歴史がある割にはポピュラーになりきれてませんね。

それに比べて「住んでいる」という実感がしやすいミニハウスやログハウスなら、
それらを繋ぐ等で、一定のスペースを作ることを覚えると応用していくのは早いでしょうね。

空気循環装置をもったユニットとドームハウスとか、
ログを繋いだ平屋とか、基準法の範囲内であるのが前提ですが
プロに相談すればスペース確保の方法はいくらでも見つかるので
単純に、ひとつの型番にこだわる必要は何も無いと思います。

自由な発想のオリジナルな空間もミニハウスなら実現できそう、個人的には絶対に「基地」にするはず。。。

ヘルメットも序でにカッコいいデザインにするとか・・・、夢が膨らみます

■ミニハウスで実現させる「夢のマイルーム」「自由空間」

ミニハウス(小住宅)プレハブ・ミニログでなら欲しかった『もう一部屋』を安い価格で実現できる。

書斎、勉強部屋、離れ・趣味の部屋、店舗、事務所、物置・・・、もう一部屋は願いです。

アトリエやギャラリー、サロンとして、専用オーディオルーム・プライベートスタジオなど、
ちょっよした作品のお披露目や趣味のショップとか…、流行の「サロネーゼ空間」も演出自由だし、
販売価格も意外と安い、ということは備品の方に重点をおけるから願望・希望達成度も高い。

しかも部屋の改造や家の改築をしてしまうと、いざ撤収っ〜!!という時も困ってしまいます。

でもミニハウス(プレハブやみにログハウス)なら、「何も無かったのごとく」
「あたかも消えてしまった様に」元に戻すことも簡単です。(ちょっと言い過ぎ…)

(*心の傷は各自で癒すとして…。)

ミニハウス専門メーカーで選べば、ローコスト、スピーディーな工期、多彩なデザイン・バリエーション
があるので選んでいるだけでも夢に近づくようで、そんな時間も楽しいものです。

■ミニハウス でギャラリー・サロン・アトリアなどで空間演出をしたい。


プレハブでは「小さい」という感覚があって、ある程度の大きさが欲しい場合は、諦めそうですが、

この場合は、【ユニット】と考えて「つなげる」というアイデアも必要。

フラットな屋根よりも角度があった方が雨・雪にクリーニングに何かと便利。

これは使ってみて初めて分るのだけれど、そればっかりはしょうがない。。。

■ミニハウス「ログハウス」カストロ・価格も安い・2帖、\198,800!!

「激安ミニハウスログ」インポートログ

プレカットで198,800円は、プレハブ住宅より安いかも!

ログでミニハウスという両方を!満足度100%!

東欧の寒冷地材を使うので堅牢。 屋外でも安心・安全。

天井高:2.4mはけっこう高くて便利です。




 ★まずは無料の資料請求で↓



≫よくある質問Q&A

≫いろいろな使い方の例

≫ミニハウス プレハブ 価格一覧へ

≫ミニハウス ログハウス 価格一覧へ

≫ミニハウス プレハブ ユニットハウス一価格覧へ

≫本格的ミニハウス ログウッド 価格一覧へ

≫カーポートやエクステリア価格一覧へ

■プレハブの建築規定 10uを超える場合は・・・。

■10u未満なら、建築申請は必要ありません。

 でも、他人の土地に勝手に建てちゃいけません。
 自分の土地か許可を得た場所で、土台・基礎はしっかり作りましょう。

 良く分らない時は、やっぱり専門家に聞いてみるのが一番近道です。

 ★まずは無料の資料請求で↓




≫よくある質問Q&A

≫いろいろな使い方の例

≫ミニハウス プレハブ 価格一覧へ

≫ミニハウス ログハウス 価格一覧へ

≫ミニハウス プレハブ ユニットハウス一価格覧へ

≫本格的ミニハウス ログウッド 価格一覧へ

≫カーポートやエクステリア価格一覧へ







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。